水草オタクの水草がたり.

水草を探して調べるブログです.素人ながら頑張ります.

水景を支配するのは,普通種である

前回,水草レイアウトを取り巻く私の史観をいつものように述べました.ここからが本題です.

私は熱帯魚ショップもうろつきますが,その10倍以上の時間をフィールドに費やしてきた人間です.そうした人間にとって,景観というのは「普通種の山の中に煌めく珍種」で構成されます.

さて,採集者が植物や魚を採集してくるとき,どういうことをするでしょうか?

答えは単純.

「目だって,珍しいものを持ってくる」

つまり,そうして集められたものをベースに構成された水槽は,私にはなんというかギラギラして目に悪いのです.さらにいえば,人工的です.

ダッチアクアリウムや密植水槽がいまいち受け入れられていない理由にもこれがあるような気がします.

だから,NAで多用される水草は「グリーンロタラ」とか,「パールグラス」「ロングヘアーグラス」みたいな「ただの緑で個性の少ない」水草になるというわけです.(最近シペルスヘルフェリーとかもよく見ますね)ギラツキを押さえるという面において,これらは優れています.

こうしたギラツキをADAの天野氏も嫌っていたように私は解釈していて,不自然に派手すぎると改良エキノを批判したり,水槽に入れる魚も地味なものをメインに選定しています.

 

さて.

私が好きなのはこの「ギラツキを押さえるバッファー役」です.目に優しいのは勿論,群生すると非常に美しいのです.

 

それがなんであるかに付加価値があるわけではないですし,誰も取ってきませんし,売られていてもだれも買わないようなものでもあります.だってそれそのものは水のようなものだから,ぱっと見でよさに気づくことは難しいということです.その良さが生きるのは「光景」の一パーツとしてであって,その草を見るだけではなかなかよさが見つからない.そういう草を私は好きです.

 

たとえば,イネ科.

どの水系にもあって,支配的です.しかしイネ科の水草って...ほとんど流通ないじゃないですか.イネ科のない水景などないのに,イネ科が使われる局面はほとんどない.理由は単純,だれもイネ科自体に価値を見出していないのと,イネ科が大きすぎるからです.

たとえば,ラージマヤカ.

南米の現地写真には大抵映っていますが,レイアウトでは見ません.なぜか?

水槽の南米度が足りないからですねぇ.(栽培条件がかなりシビアなのです)

 

そういう要素もネイチャーの一つであり,加えることで水景が良くなることは必至でしょう.ワイルドアクアリウムではある程度使われ始めているので,今後に期待したいところです.

 

さて,さらに続けます.

たとえば南米のテトラ.美しいのは一部で,多くは地味な配色のものです.

地味なものの中に美しいのが居るから,美しさが際立つのです.そして,水草に映える魚というのはむしろあまり色合いが派手でないものです.たとえばカージナルテトラは派手すぎるので,グリーンネオンが多用されます.でもグリーンネオンは赤すぎるという話もよく言われる.ということで私が言いたいのは,「そんなこと言うならヘミグラムス・アームストロンギ使えばいいじゃん」・・・

でも輸入されないんですよね,アームストロンギ.あんなに現地写真には無数に映っているのに.魚においても水草と同じ現象が起こっているというわけです.

 

で,さてと.前置きが滅茶苦茶長くなりました.

ここで私が作りたいレイアウトのコンセプトをここで発表しましょう.

 

「自然の風景を切り出すためには現地で普通種の水草をふんだんに茂らせ,魚は地味な現地での普通種を中心にするべきである.」

「現地を再現するうえでできるだけ現地に生育する種を使用するが,入手できないものは近似種で代用する.」

「レアもの,目立つものはあくまで少数の配植にとどめ,最小限の数で最大限の効果を狙う」

それが私のコンセプトです.

 

 

 

水草は主役であるべきだ

どうも,「水草を主役としたレイアウト」をやりたいと言い続けながら,所有する全水槽が水草ストック水槽と化している人です.

 

暇な時に適当に記事を書いているので同じような記事が何回も投稿されていますが,少しずつ試行しながら思考をブラッシュアップしている過程ですのでお気になさらず.

 

はじめ,水草は魚のオマケでした.いまもそうでしょう.「水草を植えると水質が浄化される」「何となく水草があると魚が映える」から水草が使われました.1960年代の某熱帯魚図鑑ではミノカサゴの背景に水草が描かれていますが…まあそういうことです()

ヨーロッパではダッチアクアリウムが発展しましたが,身辺をやたら洋風にしたがるわりに欧米とは美的センスがズレている日本人のあいだではイマイチ広がらず,日本式アクアートと呼ばれるようなものが出てきたりしました.

その後水草コレクションをする酔狂な人たちが出てきました.好きな水草を植えまくる密植水槽,それが傍観するうえでどうであれ,コレクターにとっての宝物となりました.しかし,低迷していく日本経済の中で持っているだけで手間とカネが食われていく水草コレクションは衰退していき,現在ではこうしたコレクターは稀な存在となっています.「理解されにくい」というのが密植水槽の凋落を招いた最大の原因だと思います.水草に理解のある水草オタク以外にとって密植水槽は「雑草ボーボー」であり,多分結婚したら奥さん方から「もっと華やかにスッキリさせたほうがいいんじゃないの?」といわれ,その方の水草コレクション人生は終了してきたのだろうと思います.勝手な妄想です.

 

ネイチャーアクアリウムは世間体を意識したアクアリウムで,興味のない人が見ても間違いなく美しいのが特徴です.

ネイチャーアクアリウムは自然っぽいアクアリウム」と某配信で(私のじゃないですよ)ネイチャーアクアリウムで有名な方が述べられていたのは非常に印象的でした.

おっしゃる通りネイチャーアクアリウム(以降NA)は自然の要素を取り入れたアクアリウムであり,西洋庭園的に造っていくダッチアクアリウムや,ひたすら好きな草を詰め込んでいくレイアウトモドキとはベースが異なるものです.

つまり,「自然に」水草を配植し,自分の思い描いた「世界」を水槽に作る…それがネイチャーアクアリウムであります.

しかしこのブログでもなんべんもいってきたように,NAにおいて草は絵の具の一種として扱われ,扱いの難しい草や個性の強すぎる草は使われませんでした.そもそも使う理由がないからです.また,こうしたレイアウトは魚を泳がせたときに非常に映えることから,「魚の背景」としての発展も遂げました.他の某ブログが指摘しているように「素材の引き立て役」として水草が使われるという側面もあります.こうして「水草レイアウト」が一般に人気になればなるほど「水草」の立場は凋落しました.結果として日本に流通する水草の種数は激減し,10年前の1/3以下の水草しか見かけない状況にあるのです.

 

こうしたところの反省なのか,去年あたりからダッチアクアリウムやらエキノドルスやらの復興運動が一部のプロショップを中心に出てきていたり,ADA側も今では見かけなくなった水草を敢えて使った作例を次々に出しているように感じます.

ダッチアクアリウムはいわば,「水中の花壇」として発展してきたものです.そのため華やかで素晴らしいけどNAには使いにくい…という水草にはもってこいです.ある意味順当な水草の楽しみ方といえます.

またエキノドルスは存在感が大きすぎるのとスイッチが入るのに時間がかかるためにNAではほとんど使いようがないものが多く,「どうあがいても魚より目立つ」ために水草を主役にせざるを得なくする水草です.

こうした水草業界のここ1~2年の動きは

水草復権」とでも位置付けたいものであります.

 

水草は主役であるべきだ」

と思う人が増えてくれたら,大変うれしく思います。

 

さて,ワイルドアクアリウムというのが海外で隆盛をみせ,日本にも輸入されてきています.

ワイルドアクアリウムというのは「自然の風景を切り取ってくる」というのがコンセプトのアクアリウムで,ここに関しては言っていることがNAと変わりません.しかし入れる植物や魚をその産地のものに限定するなど,かなり厳密なルールに基づいたものです.また,自然の綺麗な面だけでなく,汚れた面も再現するといったところも違いとして挙げられます.

プラモデルにたとえると,NAが鉄道模型ならワイルドアクアリウムは戦車ジオラマといった感じです.

 

さて...

ここまで,水草レイアウトにおける私の史観をいつものように述べてきました.

私の理想とするレイアウトはNAとワイルドアクアリウムの折衷案といったところです.これに関して,次の記事で述べようと思います.

 

1950年代の水草

1950年代の「原色熱帯魚図鑑」にある水草を,限られた写真からぶった切っていく回です.

参考にしたのは昭和33年の改訂版.著者は牧野信司.

 

サジタリア おそらくSagittaria subulata 浮葉は付けない長いタイプ.関西ファームの「ナタンス」に近い感じ.このタイプは1996の世界と日本の水草カタログでも確認していたと思う.

ジャイアントサジタリア 現行のものと変わらない.ナガバオモダカだろう.

バリスネリア バリスネリアとしか言えない...

コークスクリュウバリスネリア あまり写真はねじれていない.

カボンバ えらく貧相な株だ.

アンブリア アンブリアです.生長点のない写真で,恐らく当時はまだ育てられなかったのだろう.

ミリオフィラム 見たところホザキノフサモそのものに見えます.

セラトフィラム マツモです.

アナカリス オオカナダモです.

ルドウィジア 今流通する「グランドゥローサ」や「並ルドウィジア」っぽい感じのもの.最近見なくなりましたね.

ハイグロフィラ ポリスペルマです.

ジャイアントハイグロフィラ たぶんH. costata系の細葉です.現在のジャイアントハイグロフィラと同じかもしれません.

ヘテランティラ 今と同じです.

ナイアス 今の並ナヤスに見えます.

ウォーター・パースラン ディディプリスに見えます.しかしWater purslaneはルドウィジアのこと.理解に苦しみます...節間の詰まったニードルリーフ系の広葉(それこそこの前の別型ニードルリーフみたいな)かなとも思ったのですが.

スプリング・スターウォート 状態の悪いR. rotundifoliaかなあ...という感じ.でもこの名前だとミズハコベ類やパールグラスとかを連想するんですが,茎が太すぎるんだよなあ.

ウォーター・スプライト 今のものと大差ないです.

ウォーター・ウィステリア 今のものと大差ないです.

ウォーター・ナスターティウム 今のウォーターナスタチウムと同じに見えます.

ウォーター・マッシュルーム 今のものと同じに見えます.

ウォーター・クローバー なんと水中葉の写真があり,しかもベトナムクローバーのように水中でも四葉です.

バナナ・プラント 浮葉の写真もありました.

ニテラ 分岐の少ないタイプです.旧型と個人的に読んでいたタイプはやはり古いものでした.ミルフラスコモとかそんな感じの見た目.胞子嚢果ないからわからんけど.

レッサー・ブラァダーウォート オオバナイトタヌキモでしょう.

ウイロウモス 日本くらいしかこう呼んでないと聞きましたが,もしかしてういろうが語源?(冗談です)

ウォーター・ファン ネグロウォーターファン的なC. pteridoidesです.衝撃.

リシア リシアです.そんな昔からあったのか…

ダックウィード .後で再度確認します.

クィルウォート ミズニラ類です.くるくるカールするタイプ.

ヘアーグラス 驚いたことに状態よさげな栽培株の写真です.

クリプトコリネ ベケッティ

クリプトコリネ・ウィリィシィ

クリプトコリネ・アンダルタム

クリプトコリネ・クリフィッティ

クリプトコリネ・ロンギコーダ

クリプトコリネ・コルダタ

クリプトコリネ・シリアタ

えーっと,こんなにクリプトもってきてたんだ・・・

ローズ・プラント ウォーターローズだと思います.

スパター・ドック コウホネ.Nuphar sagittifoliaとかそういう細長い水中葉のやつ.

エキノドルス・ラジカンス さすがですね.

ラフルドソードプラント 流石ですねえ

アポノゲトン ウンデュラタム 

ドワーフリリー 多分温帯スイレン

ドワーフ・レースプラント 細葉レースプラント

ピグミー・チェン・ソード・プラント チェーンアマゾンです.

ナロウ・リーフ・ソード・プラント アマゾンソード・ナロー

ブロード・リーフ・ソード・プラント アマゾンソード・ブロード

マダガスカル・レース・リーフ・プラント レースプラント広葉

以上になります.

 

なぜか文章解説がない???と思っていたら離れた頁にあるとのことなので,読み直しつつ加筆予定です.

 

ウォータースプライトと(ネグロ)ウォーターファンのはなし (0)

ウォータースプライトについて一つ気になっていることがある.

この水草,何回も入れ替わりを繰り返しているのではないだろうか?

栽培難易度などからよく言われることである.

 

しかしさらなる疑念を抱いた原因のひとつに,1980年の「日本水生植物図鑑」を挙げてみる.

「熱帯魚の水槽に入れて,観賞用としているものに中南米原産のアメリカミズワラビC. pteridoides Hieronがある.一般にはウォーター・スプライトとよばれ,葉身は浮水性で淡黄緑色,裸葉は長さより幅が広く,葉脈はなく葉柄の中間が膨らむ.葉面または裂片の分岐点から逐次多数の不定芽を生じ,熱帯魚の水槽内では大繁殖を続ける」

この前半は明らかにネグロウォーターファンなどのC. pteridoidesのことを指している.著者が間違えた・思い違えた可能性もあるなあと思っていた.にしてはあまりにも記述がまるで見てきたかのようである.

 

そして.

昭和33年の「原色熱帯魚図鑑」を見てみると,「ウォーター・スプライト」は確かに今あるウォーター・スプライトであった.

それはまあいいのだが,それとは別に「ウォーター・ファン」としてC. pteridoidesが載っているのである.残念ながらこの本には水草の解説は一切ないのであるが,それでもこの水草がこんなにも昔から取引されていたことに驚愕させられる.

 

ということで,かなり昔からCeratopteris pteridoidesが流通していたことは確実視せざるを得なくなった.

 

それではここで疑問が生じる.

現在C. pteridoidesといえば「ネグロ」ウォーターファンである.

では「ネグロ」はいつついたのか?

そして,「ウォーターファン」とはどのように入れ替わったのか?

謎は尽きない.

 

 

 

 

ニードルリーフルドウィジアって何気に混沌では?

要約すると,今日売っていたニードルリーフルドウィジアがあからさまに別物に見えてとても嬉しいという話です.

モノと名前が違うものが「時々」入るぶんにはエキサイティングですからね.入れ替わってしまうとただの品質劣化ですが.

水中葉での入荷であり,水上葉の部分は全く見当たりませんでした.

節間は中途半端に詰まっており,ブレビペス/”サンパウロ”と比べると広めです.葉の概形もブレビペスとは異なっています.

半水中葉である可能性も捨てきれませんが,また違うルドウィジアだったら面白いところです.

L. arcuata×L. palustrisとかじゃないかなーと予想してはいますが,様子を見ていきます.

 

さて.気になっている点は

当時のブレビペスが今のブレビペスだったのか?ということなどです.

ニードルリーフルドウィジアサンパウロもブレビペス的なもの,ルドウィジア”クリスタル”もアヌビアスからのカタログではインクリナータだったものの来たものはブレビペス的なものでした.これらは本当にみんな同じブレビペスなのだろうか?本当はちょっとだけ違うのだろうか?元々のブレビペスとして輸入されたものはどんなものだったのか?

混沌のタネは尽きません.

 

まあ,育ててみたら普通だったオチもありうるのでお楽しみに~.

バコパのはなし③ 浮かぶもの,ヒシモドキもどき.

バコパの多様性,第三弾は浮かぶバコパです.

日本でも浮かぶBacopa rotundifoliaが帰化し,「ウキアゼナ」と呼ばれています.

東海では猛威を振るっているようですが北関東では局所的かつあまり広がる様子がないので,定着にはある程度の条件が必要なようです.

ウキアゼナはまるで「ラージパールグラスの水上葉をウォーターバコパの大きさにしたような」水草なので,遠目でも目立ちますし,あからさまにそれとわかる殖え方をします.ナガエツルノゲイトウなどとおなじく普通のアクアリウムに使える水草ではないので,輸入ルートはアクアとは別なものではないかと思っています.

さて,ウキアゼナは文字通り「バコパが水面に浮かんでいるだけ」なのですが,もっと水面に適応した,非常にユニークなバコパが世の中には存在します.たとえば,Bacopa egensis.

 

Bacopa egensis

分布 北米南部~南米北部,アフリカ熱帯地域

 

www.gbif.org

https://www.researchgate.net/profile/Daniel-Gonzalez-Socoloske/publication/346956380/figure/fig1/AS:967664377819136@1607720574924/Bacopa-egensis-Poepp-Pennell-in-Tabasco-Mexico-A-In-natural-habitat-on-the-shallow_W640.jpg

Can someone identify this freshwater tropical natant plant?

特徴

ヒシモドキによく似た浮葉~浮水植物.茎は無毛で下部の節間は5~7㎝,先端に荒い鋸歯のある葉は先端にかけて密になり,ヒシに似た浮葉ロゼットを形成する.萼片はBacopa属としては珍しいことに4枚(通常5枚),雄蕊は3本(通常4本).花弁は4枚のうちしばしば2枚が合着しており,3弁に見えることもある.

 

本種は水位変動のある水域で泥から発芽し,成長すると水面に浮かぶようになります.形態はバコパとしてはかなり特異なもので,4枚しかない萼片や花弁,雄蕊が3本であるなど,同定しやすい種です.もっぱら南米の種とされてきましたが,アフリカからも報告が出ています.

ヒシモドキやヒシ,コビトヒメビシによく似て大きな鋸歯がロゼット状になった先端部を取り巻くように並んでおり,この形質にはなにか有用性があるのではないかと感じさせます.

アクアリウムにおいてはまったく未導入です.熱帯性なので帰化する危険性はあまり高くないとは思うのですが...

ヒシによく似た植物として,ウォーターダイヤやヒシモドキと並んで紹介されるべき水草ですが,知名度は絶望的なまでに低いです.

では最後に.

バコパはいいぞ!

(つづく)

バコパのはなし② アクアリストの知らない「金魚藻系バコパ」そして,アクアリウムの「バコパ レフレクサ」とは何だったのか.

バコパ レフレクサ…これもアクアリストの知らないバコパです.

アクアリウムではなぜか「葉が数輪生しかしないショボいバコパ・ミリオフィロイデス」のようなものがレフレクサとして扱われてきました.さらにアクアフィーチャーでは「南米のパンタナール湿原に水上型で自生している種類.水中葉はB. ミリオフィロイデスのような輪生する形状で,葉は非常に柔らかい.水上葉はB. カロリニアーナをパールグラスのサイズにしたような形態の水上葉で,咲いていた花は美しい紫色で葉(5㎜くらい)よりも大きかった.水上葉と水中葉がこれだけ異なる種類も珍しい.」

とあり,B. reflexaの性質とはどうも異なっています.

 

バコパ レフレクサ

Bacopa reflexa 

=Benjaminia reflexa

colombia.inaturalist.org

分布:南米北部~中部 

季節性の池など

 

形態

沈水~両生の水草です.葉は6~8輪生で4~26㎜,深裂し羽状複葉で,水中茎は無毛,水上茎は毛が生えます.花は葉腋に一輪ずつつき,1~2㎝の花柄で水面を突き抜けて水面に咲きます.花は白~薄紫で喉部に黄色のパッチがあり二唇形です.

 

近似種

いません.しいて言えばカボンバやミリオフィラムがあげられます.

 

アクアリウムにおいて

水中葉はオレンジ色~褐色で,オレンジミリオフィラムを小さく繊細にしたような外観をしています.

魅力的な外観からカッセルマンが導入を試みたものの,失敗しています.南米北部,季節性の水域を好むことから高光量と軟水,強烈な肥料分を好むと予想され,ドイツ式の育て方には合わなかったのではないでしょうか.

本種は水上葉も輪生の羽状複葉で,少なくとも水上葉が対性であるという記述は見当たりません.

 

 

全然違いますね.

ではほかの輪生Bacopaはどうでしょうか?

バコパ ミリオフィロイデス

Bacopa myriophylloides

分布 南米中北部

形質

水上葉は細く輪生し6~12輪生.水中葉は赤く糸状.

アクアリウムにおいて

昔から一般的な水草ですが,うまく育てた例をほとんど聞きません.腕試しにどうでしょう.本種は紅の水草です.そのポテンシャルを生かせるかどうかは腕次第.

おまけ:この葉が真に輪生しているのか,それとも掌状に裂けた輪生なのかに関しては議論の余地があるらしいです...

 

もう詳しく書く以前にミリオフィロイデスはミリオフィロイデスです.ミリオフィロイデスは語りたいことが沢山あるので以前も散々語ってきましたし,また語ることにします.次.

 

Bacopa verticillata

分布 南米広域

形質

水生,水中葉は3~5輪生で細かく分岐し,水上葉は分岐~全縁.葉は7~16㎜×1~3㎜.花は腋生で0.5㎜の花柄につき,花冠は上唇2.5~3㎜×1.5~2㎜,下唇3.2~3.8㎜×1.8~2㎜,白~淡青色,花筒3~4㎜.

 

 

特徴がかなり近いですが,本種の葉はアンブリアのように分岐し,バコパ・ミリオフィロイデスとは一見して異なります.花の色も紫ではない...

 

じゃあ,「レフレクサ」ってなんだ???

 

といったところで,普通に知られている輪生バコパのどれにも当てはまらず謎でした.

しかし2020年に新種,Bacopa llanorumが記載されていることに気づき記載を見てみることに.

 

Bacopa llanorum

分布 コロンビア~ベネズエラ

葉は二形をしめし,対性~4~6輪生.花冠は薄紫.

(残りは次の記事で!)

本種はなぜかGBIFやKewのプラントリストには記載がなく,見逃していました.

形質としてはまさに,アクアルートで知られてきた「バコパ レフレクサ」に合致しそうです.

しかし本種はあのようなバコパが採集されたパンタナルやアラグアイア流域には分布しておらず,この点で矛盾します.

本種は近縁種としてブラジルに分布するB. reptansとの共通性が大きいことが言われており,B. reptansなどに紛れてきた可能性,またはほかのBacopaにも水中葉を作ると大化けする可能性も否定できないと思いました.さらに,ブラジルの検索表では「輪生で分岐しない,3輪生以上=ミリオフィロイデス」となってしまうので,余計無視されそうです.

 

次回はこの可能性について検討し,アクアリウムにおけるバコパのさらなる可能性について語ろうと思います.

 

Scatigna, A. V., & Mota, N. F. D. O. (2017). Flora of the cangas of Serra dos Carajás, Pará, Brazil: Plantaginaceae. Rodriguésia, 68, 1077-1083.

Sosa, M. M., Moroni, P., & O’LEARY, N. A. T. A. L. Y. (2018). A taxonomic revision of the genus Bacopa (Gratioleae, Plantaginaceae) in Argentina. Phytotaxa, 336(1), 001-027.

Furtado, M. N. R., Secco, R. D. S., & Rocha, A. E. S. (2012). Synopsis of species of Lamiales Bromhead occurring in the coastal strand vegetation of Pará State, Brazil. Hoehnea, 39, 529-547.

Rangel-Ch, J. O., Minorta-Cely, V., & Castro-Lima, F. (2020). Notes on the Genus Bacopa (Plantaginaceae, Gratioleae) in the Orinoquia Region of Colombia and Venezuela. Harvard Papers in Botany, 25(2), 195-203.