水草オタクの水草がたり.

水草を探して調べるブログです.素人ながら頑張ります.

日本産水草,というか沈められる湿生植物(今まで試したものなど)

雑草を沈めて水中化させるというのはまあ色々試されてきたわけで.

他の方があまり紹介していないものを少しだけ紹介しようと思う.

他にも色々試しているけど

水草らしくない」のを基本的には.ポタモゲトンとか,育てられるもられないも腕の問題でしかないので...

 

・ヒメガヤツリ(ミズハナビ)

水深50㎝ほどの水域でクロホシクサ,サワトウガラシなどとともに水中で生育していたため栽培できるであろうと踏んで栽培開始.なんと室内栽培下では多年草としてふるまい,開花後も水中,水上ともに栽培できることが発覚した.コアゼガヤツリのようにランナーを伸ばしたりはせず,分けつもほとんどしないため殖やし方に困ったが,穂を水に挿しておくと発根して子株が得られることがわかった.

水中でも割と成長が早いが,水がよどんだりするとそこから溶けがちでややデリケートな面を見せる.こうした草を一本一本楽しむという前提で育てるには良いかもしれない.また,サイズが手ごろでランナーなどで増殖しないため,アクアテラリウムなどでも有望である.

 

・タマガヤツリ

水中で生育している姿を時々見るため,やってみた.ヒメガヤツリに比べて丈夫で,簡単に溶けることはないが成長も遅い.アクアリウムプラントとしては比較的アリな部類だと思う.普通種なので採集圧をあまり気にする必要もないが,栽培に適したサイズの株では種類が判別しがたい.つまりそっちの方面で面倒くさい.

 

・ヒナガヤツリ

時々水中で目にするため当然水中栽培が可能である.しかしながら水中で開花結実して短時間で枯死し,しかも水中発芽はあまりしないようだ.ヒメガヤツリのように穂から発芽して増えることもない.残念…水上で発芽させて植え込みという方針では行けるかと思う.

日本産シペルス全般に言えることだが,葉が非常にデリケートで簡単に折れるし,折れるとしばしばそこから腐る.あと株別れにはあまり期待できない.

 

・ヒナザサ

水中に生育しているし行けるだろう.やっぱり行けた.和製シルバーグラミネアの上位互換みたいな草だが,自生地が限られるため栽培品の増殖を頑張らねばならない.種は沢山取れたので,蒔くモチベーションが上がった.一年草だが咲く条件がいまいちわからない.日長ではないような気がする(単に温度?)

 

・ツクシクロイヌノヒゲ

水中に生育しているしいけるだろう.やっぱり行けた.南九州植物園の市販品もあるため入手可能なのもうれしい.栽培は簡単で水中の方がよく育ち,高さ20㎝くらいまでは育ったのち開花した.すぐ開花してしまうこともなく,育苗してから植え付けて半年くらいは水中で楽しめ,水槽で採種までできるのでこれはアクアリウムプラントでいいだろう.そもそも半年楽しめれば昨今のF1レースのような水槽管理では十分だと思う.

 

・ニッポンイヌノヒゲ

こっちは残念賞だった.とりあえず生かすことはできるのだが葉数が少ないまま花芽をすぐ出しがちで微妙である.イヌノヒゲ,イトイヌノヒゲもそんなもので,正直お勧めはしない.

 

・クロホシクサ

以前も紹介しているが栽培は可能かつ容易な方.しかし成長が急激ですぐ花芽をだすのが難点.ときどき根元で株別れして開花以降も育てられる株が出現するので,種を蒔いて奇跡に賭けてガチャ回すのが良いと思う.ホシクサも似たようなもの.

 

・サワトウガラシ

栽培は可能.貧栄養気味な水にいる割に根が重要なので注意が必要.水温下がってくると花芽付けるので注意...水中でも開花してしまう.マルバノサワトウガラシも似たようなもの.そもそも小さいしのびのび上に伸ばす.好きなので屋外で無限に増やしている.そしたらあえて水槽で育てて維持するモチベが消えた.来年また楽しめるし.

ああ本末転倒.

 

アゼナ

水中でも一応可能だがトリミングにも差し戻しにも弱く,それなりに大きくなるので扱いづらかった.突き抜け覚悟で育てるならいいかも.アブノメよりはましかな.

 

・ドジョウツナギ属

時々見かけるので沈めてみるがそこまでいい思い出がない.根本がよどむとそこから腐りがち.まあ日本産水草なんて大抵ホシクサみたいなものなので密植はののの.湧水性にあまりいい思い出がない

 

エドガワヌカボ

アオヒメタデを片親にもち,それより水辺を好むとあってまあそりゃうまくいくでしょうよと.しかも複数年にわたって栽培可能であった.他のポリゴナム系に比較して溶けることがあるので扱いは少し注意が必要.この手のタデ類としては小さめで,かつそこまで赤くならないのがよい.希少種のため栽培品が楽しまれるべきと思う.

 

シズイ

移植にとにかく弱いが根付くと非常に美しい.ランナーで増えるはずだがなかなか...水上で増やして球根を量産してから水中に植え込む作戦を画策している.が,球根は結構深くに作られるため回収が大変.そこで考えた.浮舟式栽培箱に植え込んで置いて下のベアタンクにランナーをたらさせて球根を掘らずに回収できるようにしたのだ.来春楽しみ.

 

・カンガレイ

数枚短い水中葉を出した後カンが突き抜ける.簡単かつコンパクトにカンが突き抜ける水草は意外とあまりないため,これはこれで良い.

 

・オオヌマハリイ

移植に弱い.というかぽきぽき折れて輸送に弱い.さらにストック中にすぐ腐る.

何とか水中でも生育可能なようだが結局陸にあげた.オオハリイと同様,折るな危険.水中のカンは触るだけで折れるので危険すぎ.

・オオハリイ

水中でも栽培可能.但し折るな危険.楽しいギャグ水草なので常駐中.多年化する.

 

・ヒメホタルイ

水中でやるのもっと流行れ.移植に弱いので冬から春に球根で植え込む.めっちゃ個性的でキュート.