水草オタクの水草がたり.

水草を探して調べるブログです.素人ながら頑張ります.

ガシャモク

<ライト版>

絶滅寸前の水草で,現在も自然界で生育しているのはつがる市の無名池および福岡のお糸池のみです.葉長10㎝,長さ2mほどになる大型の水草です.葉が幅広のため,実際よりも大きな印象を受けます.水中でしか生育できない水草で,しかも水流のない環境に適応しているため水質汚濁やアメリカザリガニ,コイなどの被害をひどく受け,関東平野からは早々に絶滅しました.

奇妙な和名ですが,モクとは水草の古名です.ガシャに関しては擬音語だと思います.葉の質感およびその構造から,空中で振るとシャリシャリとした音が鳴り,ほかのヒルムシロ属とは一線を画するためです.

葉は楕円形になった姿が有名ですが,生育初期は細長いことも多いです.葉が付け根に向けて絞られていること,葉脈がはっきりしており中央部ではほぼ真横に伸びること,葉全体がぼこぼこしているなど日本のヒルムシロ属ではかなり異質のように思われますが,ツガルモクやインバモ,ヒロハノエビモ×ガシャモクといった交雑種もあり実物を見ただけではなかなか判断がつかない場合もあります.葉柄の有無や茎の分岐で区別しますが,これらの種に比較してガシャモクの茎下部の葉は葉の先端が非常に長く突出することが多いことや,草体を空中で振った時に異常な音がするなどの特徴は参考になります.さらに,ユーラシア全域に広く分布するため地域変異もある程度あるようです.

ササバモに全体の雰囲気はよく似ていますがエゾノヒルムシロに最も近縁で,両者の交雑個体も種子をつけることが可能です.

エゾノヒルムシロ×ガシャモクは和名がツガルモクで,形態やサイズがガシャモクに酷似していますが,葉はより薄く,水上では陸生形をとったり浮葉をつける場合もあります.花茎の付け根の葉が短い葉柄をもつことが特徴的です.一部のササエビモ(エゾノヒルムシロ×ヒロハノエビモ)とよく似ていますが,ササエビモでは葉の付け根が半周程茎を抱くこと,やや小型であること,結実しないことで区別できます.

ヒロハノエビモ×ガシャモクは日本からは未記録ですがユーラシアではありふれた存在で,ササエビモを大きくしたような形態をとります.

ササバモ×ガシャモクは和名がインバモです.ガシャモクに似たタイプ(D型)とササバモに似たタイプ(M型)があり,D型はガシャモクに似た葉に長めの葉柄をもち,M型はササバモの葉柄を短くして質感をガシャモクに寄せたようなものです.現在アクアリウムで流通しているものはM型でしょう.

稀に,工事などにより埋土種子が発芽することがあります(しかし長期間生育し,定着に至った例はほぼない).手賀沼では埋土種子からこうして発生した株を栽培保存する運動があり,学校などで域外保全しています.草姿が美しいだけでなく栽培がこの仲間としては簡単であるといわれており,増殖された株がアクアリウム用に市販されることもまれにあります.