水草オタクの水草がたり.

水草を探して調べるブログです.素人ながら頑張ります.

現役の水草水槽セッティング

30㎝キューブ水槽

照明:アクロTriangle bright 照明時間10時間

ソイル:アマゾニア→ミネラルソイルにリセット時変更.

フィルター:カミハタ 50Hz リオプラス 底面フィルターセット 

ヒーター :テトラ26度ミニヒーター

CO2:1~2秒1滴,つけっぱなし

トニナ,マヤカ類,エグレリア,サンフランシスコイレシーヌなど,低予算水槽ながら最優秀です.

 

60㎝水槽

照明:アクロTriangle grow 照明時間6~10時間

ソイル:アマゾニアVer.2+パワーサンド

フィルター:エーハイム500

ろ材:赤玉土+長繊維ピート

CO2:1秒1~2滴,ライトと連動

ヒーター :テトラ26度ミニヒーター

よく何の水槽だか忘れますが,もとはホシクサを育てるためのハイエンド水草水槽です.もちろん状態も生育も良いですね.

 

45㎝水槽

照明:アクロTriangle grow

ソイル:プラチナソイル+富士砂

フィルター:エーハイム500

ろ材:グラスリング単用

CO2:1秒1~2滴,ライトと連動

ヒーター :テトラ26度ミニヒーター

ちょっと硬度が上がり気味なのか,硬度を好むような種が勢力を伸ばし始めました.でも南米系もまだまだいけるし,各種の成長も速い水槽です.

 

 

真面目にやっている水槽は上記3本です.どれもNA勢からするとかなり低予算となっています.(予算の1/3をCO2,残り1/3をライトが占めるくらいには)

CO2とライトをもっと安くすればいいんでしょうけれども.

 

 

残りは手抜き水槽ですが,どれも水草がよく育っています.

たとえば,浅型水槽ではどうせ浅いのでCO2添加をオミットしています.田んぼの水中が水草だらけなのと同じ理屈で,水深が20㎝未満で水面が広ければいいようです.同様に,水面を這っている水草にもCO2要りません.

 

60㎝浅型

照明:アクロTriangle bright

ソイル:使い古しソイル

フィルター:カミハタ 50Hz リオプラス 底面フィルターセット +水作エイトドライブ×2(水流確保用)

CO2:なし

ヒーター :テトラ26度ミニヒーター

 

45㎝浅型

照明:8000lm投光器

ソイル:使い古しソイル

フィルター:カミハタ 50Hz リオプラス 底面フィルターセット +テトラの外掛けフィルター(栽培スペース増設+水流確保用)

CO2:なし

ヒーター :テトラ26度ミニヒーター

 

60㎝仮設

照明:フラットパワーツイン

ソイル:使い古しソイルで鉢植え

フィルター:コーナーフィルターF2を900mlボトルに突っ込み,ボトルを赤玉で充填,付属フィルターを長繊維ピートに換装

フィルター(栽培スペース増設+水流確保用)

CO2:~2秒1滴

ヒーター :テトラ26度ミニヒーター

トリミングした勿体ない水草を突っ込むための仮設水槽です.

でも,ここが一番よく育つ種もいますね.